wordpress

wordpressのインストールディレクトリと表示ディレクトリを変える

zenlogicでwordpressを自動インストールすると/wordpress/ディレクトリにしかインストールできません。

xxx.com/wordpress/なんてディレクトにしないですよね。xxx.com/ですよね。たしかさくらインターネットでも同じ仕様だった気がします。
トップディレクトリに手動でインストールすることもできるのですがせっかくの簡単機能なのでなんとかしたいと思います。

なぜ/wordpress/にしかインストールできなくしてるの?

将来的に別のCMSやhtmlと混在させる場合にwordpressの必要ファイルと他のCMSファイルがごっちゃになってしまい、何らかの不都合が出たり誤って必要なファイルを削除てしまう等の危険がありまるからだろうと思います。

1.簡単インストールからwordpressを導入

まずはサーバー管理画面の簡単インストール画面からwordpressを自動インストールします。
ZENLOGICの場合は、以下の手順となります。
(1)インストールしたいディレクトリを選択
(2)データベースの名前、パスワードを決めて(なんでも良いですが念のため控えておきましょう)
(3)wordpressのユーザー名/パスワードを決める(忘れるとログインできなくなるので必ずメモを!)

2.管理画面の設定変更

無事に設定されました!
URLをみるとドメインの下に/wordpreess/が入っています、これを消したい!

管理画面の、設定 > 一般設定を開きます。
サイトアドレス(URL)からwordpressを削除します。
例)http://example.com/wordpress > http://example.com
※変更を保存をクリックして反映させます。
誤ってworpressアドレスを変更しないように気をつけて下さい。

3.FTPで必要なファイルを移動して修正

最後に必要なファイルをTOPディレクトリに移動させます。
必要なファイルは以下の2つのみ
・index.php
・.htaccess(存在している場合のみ)

次にコピーしたindex.phpをテキストエディタで開き最下部の部分を修正します。(一文字加えるだけ)

・修正前
require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );

・修正後
require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wordpress/wp-blog-header.php’ );

これで設定は完了です。

5.表示を確認

これでサイトを確認すると/wordpress/のないTOPドメインで表示されているようになります。
変化がない場合はキャッシュが原因の可能性もあるのでブラウザの更新ボタンを押して再読込するかキャッシュのクリア、別のブラウザから見るなどしてみてください。

まとめ

作業してみると作業は案外簡単です。自分でphpmyadminなどを使いデータベースの設定をして手動インストールするより早いかもしれません。